時々おしゃべり ('-'*)♪

アクセスカウンタ

zoom RSS タイムスリップ

<<   作成日時 : 2011/05/12 11:44   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今日のお気に入り演奏は・・・
「トッカータとフーガ ニ短調 BWV565」   バッハ作曲                              
「ハンガリー舞曲 第5番 嬰へ短調」     ブラームス作曲

(演奏)  ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団                              
収録:浜離宮朝日ホール 2008年7月8日(火)

『トッカータとフーガ ニ短調 BWV565』は、
J. S. バッハが21歳頃に作曲したオルガンの名曲・・・とのことですが、
金管五重奏で演奏されていました。
金管楽器のもつ息づかいが、良い雰囲気をかもしだしていました。

金管五重奏(Brass Quintet)
画像
2本のトランペットと、ホルン、トロンボーン、チューバの編成が標準。

トランペットはピッコロトランペット、コルネット、フリューゲルホルンなどの持ち替えがある場合もある。

トッカータとフーガ ニ短調 BWV565
「トッカータ」とは、主に鍵盤楽器による速い走句(パッセージ)や細かな音形の変化などを伴った即興的な楽曲を指し、技巧的な表現を特徴とする。
「フーガ(遁走曲)」とは、対位法による音楽形式で、ひとつの主題を複数の声部が模倣しながら次々に追いかけて演奏する様式を持つ曲を指す。


《ハンガリー舞曲集》 Ungarische Tänze)WoO.1 は、
ヨハネス・ブラームスがハンガリーのロマ音楽に基づいて編曲した舞曲集。
もとは四手用のピアノ曲として書かれた。
全部で21曲あるが、中でも、管弦楽用に別人によって再編曲された《第5番》がとりわけ有名である。

フジ子・ヘミング〜ハンガリー舞曲

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
タイムスリップ 時々おしゃべり ('-'*)♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる